0

アンティークフレーム加工 & 実用例


こんにちは。寒さも日に日に増し洋服がすっかり冬仕様に変わった
今日この頃、能勢のあたりは紅葉が綺麗に色づきはじめました。

さて今回は、アンティークのデコラティブなゴールドフレームを加工した
様子をご紹介させていただきたいと思います。お客様からのご依頼で、長年、
大切に飾っておられたアート絵画の額縁をアンティークフレームに
交換するという少しハードルの高いお仕事をさせていただきました。
↓こちらのフレームをお選びいただきました。

 

  
 

しかしながら、アンティークフレームはもうすでにサイズが決まっているため、
ご持参の絵画とサイズが合わず….違和感なくはめ込むために加工が必要でした。
サイズはフレームの方が小さく絵画の方が大きかったので、開口スペースに
収まらない状態です。

思考を凝らした結果、背面側に新しくポケットをつくり絵画を納める方法で
加工することにしました。先ほども申し上げたよう違和感が出ないように、、、
まず、一番目に付く違和感は本来、絵を納めるはずのかき取り部分の隙間です。


その前にフレームの強度をしっかりと直します ↓


そして書き取り箇所に木をはめ込んでフラットにします。
サイズをきちんと測ってカットするのがポイントです。
またそのままでは色の差が目立つので木部をゴールドに塗装します。
(アンティークゴールドと合わせるよう調色しました。)
背面から見たお写真です ↓

次に絵画を納めるポケットを製作します。こちらも丈夫な木を使用して、
四方に立ち上がりをつくりました↓

ここに絵画をはめ込んで背板で固定をします ↓


出来上がりが楽しみです。。。
センターの位置を確認しながら背板を固定していきます。

それでは完成をご覧いただきましょう。


早速お客様のもとへ納品させていただきました!
とっても上品なご自宅で驚きましたが、絵画を飾るといっそうエレガントな
雰囲気に包まれるようでした。
お客様にもお喜びいただき、良い仕事が出来てほっと一安心です。

 

 


額縁をお部屋に飾るだけで、お部屋の雰囲気は一変します。
皆さんもお気軽にお部屋の雰囲気をアレンジしてみてはいかがでしょうか。
アンティークフレームは様々な種類でまだまだ在庫がございます。
是非当店のホームページをチェックしてみてください!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

◎店舗情報

Antiques Knock
〒563-0355
大阪府豊能郡能勢町下田124-1 R&E川西ビル2階

Instagram : @antiques_knock
WEB : http://antiques-knock.com

能勢電鉄日生線「山下駅」より 、バスで能勢の郷行き「清水橋」下車 徒歩1分
ジャパンが入っているビルの2階となります。

◎営業日

毎週 金・土・日・月曜日 /11時~17時
通常営業日以外は、アポイントメント制とさせていただいております。
ご来店希望がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

その他、納品やイベント出店等で営業日時の変更がある場合がございます。
恐れ入りますが、Instagram等でご確認の上ご来店くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA